【これが現実】プログラミングスクールが意味ないと言われるのはなぜ?エンジニア転職で後悔しないために

アイキャッチ

未経験からITエンジニアを目指す人をつかまえて、プログラミングスクールは「意味ない」「やめとけ」と助言する人もいますが、より良いエンジニア転職にはプログラミングスクールが必要です。優良企業に入社して年収アップを果たしたり、仕事にやりがいを感じられるようになったりといったことを実現するには、スクール経由で転職するのが正攻法だといえます。

ただし、問題なのはプログラミングスクールの選び方とエンジニア転職を目指す本人の心構えや考え方です。粗悪なスクールを選んでしまったり、当人のやる気や努力が不十分だったりすれば、スクールに通って勉強したことを後悔することになりかねません。

そこで今回はプログラミングスクールを「意味ない」と感じてしまう理由やおすすめできないスクールの特徴、後悔しないための方法などを紹介します。IT未経験からのエンジニア転職を成功させたい気持ちがある方は、ぜひ以下を参考にしてください。

Contents

プログラミングスクールが意味ない理由とは?

プログラミングスクールは以下のような文脈で「意味ない」と言われることが多いです。ただし、これらはプログラミングスクールに通うことが無駄であることを決定づける理由ではありません。

自分の意識や行動次第では、スクールを有意義に使うことも十分にできます。それはプログラミングスクールに通ってエンジニア転職に成功した方がたくさんいる事実を鑑みても明らかです。

未経験から開発系エンジニアになるのは難しいから

IT未経験かつプログラミングスクール卒の方が、プログラマーやシステムエンジニア(SE)など、開発系のエンジニアに転職するのは非常に難しいです。開発系エンジニアの世界では「実務経験」や「論理的思考」も大きく関係してくるので、スクールで基本的なスキルを学んだだけではどうにもならないところがあります。

そのため、転職の難易度を踏まえると、開発系のエンジニアを育成するプログラミングスクールは、一般的に通っても意味ないといえるでしょう。アプリケーションやソフトウェアの開発がしたいなどとお考えの方はお気をつけください。

まずはインフラエンジニアを目指すのがおすすめ

一方でネットワークエンジニアやクラウドエンジニアといったインフラエンジニアであれば、プログラミングスクール卒でも比較的転職しやすいです。インフラエンジニアには定型業務がたくさんあり、基本的なスキルさえ持っていれば、初心者でもマニュアルを見ながら業務をこなせます。

よって、IT未経験からプログラミングスクールに通ってエンジニア転職を目指す場合、職種はインフラエンジニアを選択するのがおすすめです。ちなみにインフラエンジニアからキャリアをスタートさせ、徐々に開発系の分野にシフトしていくことも可能なので、アプリやソフトを開発したい方もぜひ一度ご検討ください。

本当にやる気がないと高い受講料の無駄だから

プログラミングスクールにおける転職向けのコースを受講するには、安くても10万円程度は必要で、決して安い買い物ではありません。しかし、受講料が高いから確実な効果があるのかというとそうではなく、成果を上げるには受講者の本気度が問われます。ただ漠然と「ITエンジニアになりたい」と思っているだけで具体的な目標がなかったり、スクールの学習に満足して自学を怠ったりしていては、高額な受講料を無駄にすることになります。

とはいえ、本気でエンジニアになりたいと思って努力する受講生はほんの一握りです。やる気や努力が足りず、結局就職できない事例もたくさんあることから、本人に問題があるとはいえ、プログラミングスクールが意味ないというのはある面では事実といえるでしょう。

年齢その他の理由で就職できない場合もあるから

たとえスクールに通って一生懸命努力したとしても、ITエンジニアに就職できない可能性も残念ながらあります。

例えば、未経験からのエンジニア転職で大きなハードルになるのが年齢です。未経験採用は基本的にポテンシャル採用なので、年齢が上がれば上がるほど、企業から評価されにくくなります。20代後半くらいまでは問題ないですが、早ければ30歳、遅くとも35歳あたりから難易度がグッと上がると考えておきましょう。

30代からIT業界に挑戦したい場合は、やる気や努力はもちろん、職種やスクールの選択が20代以上に重要になります。

就職支援のないスクールは本当に意味ないから【やめとけ】

巷で「地雷スクール」といわれるような質の悪いプログラミングスクールは、本当に通う意味がないので注意しましょう。とくに避けるべきなのは、就職支援が充実していないスクールです。

未経験から転職する場合、スキルや経験に乏しい分、転職活動の仕方が成功・失敗に大きく関わってきます。経験者なら、例えば「開発現場に5年いました」と履歴書に書くだけで採用される可能性がありますが、未経験者の場合は熱意や適性を伝えるためにあれこれ工夫しなければなりません。


そのため、転職の成功率を高めたければ、就職支援の精度が高いITスクールを選ぶのがおすすめです。自力で最適な転職活動をすることは難しく、優れた人材であってもキャリアサポートを受けないと失敗する恐れがあるので注意しましょう。

才能や学力があれば無料で独学もできるから

ITエンジニアの勉強は、プログラミングスクールでないとできないわけではなく、独学することも可能です。開発環境は無料でダウンロードすることができ、参考書に載っているようなプログラミングのスキルやコンピュータサイエンスの知識は、ブログやYouTubeなどからかき集められます

また無料にこだわらず、参考書を購入したり、有料のオンラインサービスを活用したりすれば、学習の精度はさらに高まるでしょう。

とはいえ、未経験から独学でITエンジニアになれるのは、基本的に才能や学力に恵まれた限られた人だけです。プログラミング学習者の約9割は挫折を経験しているというデータ※もあり、一般的にはプログラミングスクールに通ったほうが成功率は高く、効率も良いといえます。

※株式会社侍のアンケート調査(2019年8月)より

意味のないプログラミングスクールの特徴とは?

以下に該当するプログラミングスクールは、IT未経験からのエンジニア転職を目指す方にとって、通っても意味ないといえるので注意しましょう。ひとつでも当てはまるようなら、避けたほうが無難です。

就職支援が不十分で就職先を自由に選べない

プログラミングスクールに通う理由は、プログラミングスキルを学ぶためというよりはむしろ、エンジニア転職に特化した就職支援を受けるためです。そのため、就職支援が十分に受けられないスクールには、はっきりいって通っても意味がありません。

履歴書や職務経歴書を添削してもらえなない、面接対策が受けられないといったプログラミングスクールは、候補から外すのがおすすめです。また就職支援が用意されていても、転職成功率が低かったり、営業力がなくて紹介される就職先が一件しかなかったりする場合もやめておきましょう。

無料のプログラミングスクールに注意【やめとけ】

IT未経験者を転職させることに特化した無料のプログラミングスクールも昨今複数展開されていますが、こうしたスクールはおすすめできません。無料のスクールでは、紹介される就職先が限定されるため、自由な転職活動をすることができず、好条件の求人を見つけるのも難しいといえます。

また無料のスクールは、契約した企業に内定させることで紹介料を得るビジネスなので、途中で学習をやめたり、スクール外で転職を決めたりしてしまうと、高額な違約金を請求されることもあります。

学習サポートの質が低く独学と変わらない

十分な学習サポートが受けられなければ、独学と大して変わらないため、学習サポートの質が低いプログラミングスクールにも通う意味はありません。とくに勉強を続けられるか不安な方の場合、学習サポートが弱いと途中で挫折してしまう心配もあるので注意しましょう。

また大学生がメンターとなって指導するようなスクールでは、実務レベルの内容が学べない恐れがあるため、講師の質にも気をつけてください。現役エンジニアもしくは元エンジニアから学べるスクールが望ましいです。

受講料が高すぎる、追加料金が設定されている

自らの支払い能力を超えるような高額なプログラミングスクールに無理して通うのはやめておきましょう。万が一転職に失敗して借金だけが残るようなことになれば、それこそ意味ないといえます。

また追加料金の設定があるスクールにも注意が必要です。最初の料金は安くても追加料金でどんどん支払いが膨らんでいき、最終的には法外な金額が請求されるケースもあります。公式サイトの料金が記載されている欄に、見えにくい小さな文字で追加料金について書かれているようなスクールは避けたほうが良いでしょう。

開発系エンジニア向けのコースしかない

上述の通り、IT未経験の方が開発系エンジニアに転職して成功するのは難しいです。そのため、アプリ開発などのプログラミング系やWebデザインといったフロント系のコースしかないスクールはおすすめしません

「何としても開発がしたい」という強いこだわりがあるなら別ですが、基本的にはスムーズに転職しやすいインフラエンジニアが目指せるスクールを選ぶのが良いでしょう。

プログラミングスクールは意味ない!を回避するためには?

プログラミングスクールに通って「意味ない」と感じてしまうことを防ぐには、以下のポイントを意識してスクールを選ぶのがおすすめです。これらのポイントをすべて備えているスクールに選択すれば、「通って良かった」と感じられる可能性が高いでしょう。

就職支援が充実したスクールを選ぶ

繰り返しになりますが、ITスクールは学習カリキュラムよりもむしろ、就職支援の充実度にこだわって選ぶのがおすすめです。具体的には以下のようなキャリアサポートが受けられると、就職支援が充実したスクールといえるでしょう。

  • キャリアカウンセリング:キャリアカウンセラーに就職先の希望条件を伝え、その他相談にも乗ってもらえる
  • 企業の紹介:伝えた希望条件をもとに、自分に合ったIT企業を複数紹介してもらえる
  • 応募書類の添削:履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策:応募するIT企業に合った面接対策が実施され、万全の状態で本番に臨める

このほか、社会人一般に必要なスキルやマナーを身につけられるビジネスマナー講座やマインド講座などが用意されているITスクールも魅力的です。

学習サポートの質にもこだわって選ぶ

IT未経験の場合、専門的なプログラミング学習に適応できず、途中で挫折してしまうことも多いので、学習サポートの充実したITスクールを選ぶのがおすすめです。例えば、以下のようなサービスがあれば、安心して学習を続けられるでしょう。

  • 学習スケジュールの管理:学習計画表を作り、それを達成するための学習の進め方についても細かくアドバイスがもらえる
  • チャットサポート:学習上の疑問をチャットアプリでいつでも担当講師に質問できる
  • 週次メンタリング:週に一度担当講師とメンタリングを実施し、教材でわかりづらかった内容やその他学習の悩みについて質問できる

なお、プログラミング学習に挫折した人の多くは、挫折のタイミングで「気軽に聞ける環境」があれば良かったと回答※しており、とくに質問対応のサポートは重要だといえます。

※株式会社侍のアンケート調査(2019年8月)より

受講料の安さや教育訓練給付制度にも注目する

エンジニア転職を成功させるには、受講料の安いプログラミングスクールを選ぶのがおすすめです。スクールにかけるコストを抑えることで、参考書を購入して追加の学習をしたり、資格試験の受験料や転職活動の交通費用のお金を残しておいたりといったことが可能になります。

よって、受講料の安いプログラミングスクールを見つけたら、積極的に受講を検討してみると良いでしょう。国の教育訓練給付制度の対象になっているかに注目するのも有意義だといえます。

ちなみにCODE×CODEは、プログラミングスクール最安値レベルの80,000円〜(税込)で受講でき、最短1ヶ月でのインフラエンジニアへの転職を目指せます。

インフラエンジニアを目指せるスクールがおすすめ

繰り返しになりますが、未経験から転職しやすいのはプログラマーやWebエンジニアなどの開発系エンジニアではなく、ネットワークエンジニアをはじめとするインフラエンジニアです。そのため、エンジニア転職の成功率を高めたければ、インフラエンジニア向けの学習および就職支援に対応したスクールをおすすめします。

また初めから開発系の分野に進むことを強く希望する場合は、受講期間中にポートフォリオを作成できるなど、実務経験のなさをカバーするようなサービスが用意されているかに注目してみましょう。

<h3>無料体験で自分に合っているか確認してから入校する</h3>

インターネットの情報だけで受講を決めてしまうと、「想像していたのと違った」と後悔することになりかねないので、気になるスクールを見つけたら、ぜひ一度無料体験を受けてみてください。実際にスクールの学習を体験してみたり、サービスの内容についてより詳しい説明を聞いたりすることで、自分の期待と現実にギャップがないかを確かめられます。

ちなみにCODE×­CODEでも無料オリエンテーションを開催中です。未経験者でも気軽に参加できる簡単なプログラミング学習を体験するとともに、スクールの学習内容について詳細なレクチャーが受けられます。自分に合ったコースを提案してもらうことも可能なので、ぜひ一度体験してみましょう。

プログラミングスクールをより有効活用するためのコツ

続いてはプログラミングスクールを最大限有効に活用するために実践すべきことをいくつか紹介します。「意味ない」と感じることを避けるだけでなく、せっかくなら「通って良かった」と思えるように以下のポイントを意識してみてください。

事前に少しプログラミングを独学してからスクールへ

まったくの未経験から始めるよりも、少し予備知識があったほうが学習が捗りやすいので、スクールに入学する以前にプログラミングの基礎を独学しておくのがおすすめです。また無料体験の前にプログラミングをある程度知っておくことで、スクールの見極めがしやすくなるという効果もあります。

インターネットを活用したり、図書館で参考書を借りたりすれば、プログラミングは無料で勉強できるので、イメージを掴む程度で良いので独学しておきましょう。

学習上の疑問はどれだけ些細なことでも講師に質問する

プログラミングスクールに通い始めたら、質問対応のサポートをフル活用するのがおすすめです。積極的に質問することによって、正しい理解を得て知識をより深めることができ、悩んでいる時間が削減できるので学習効率もよくなります。

未経験者が1時間悩んでも解決できないことが、現役エンジニア講師にかかれば1分足らずで解決できるといったこともよくあるので、どのような些細なことでも遠慮せずに質問するのがおすすめです。

本を読むより手を動かして体で覚えていくことを意識

プログラミングスクールに通う場合は、現場で使える実践的なスキルを習得することが目的なので、より重要なのはインプットよりアウトプットです。そのため、テキストを読んで知識を身につける勉強よりも、実際に手を動かして行う学習を積極的に行いましょう

自分でネットワーク構築の練習をする、どんどんコードを書いてその都度エラーも解決するといった経験をたくさん積み、スキルを体で覚えていくことが、現場で通用するエンジニアになるうえで大変重要です。

講師とのメンタリングや受講生同士のコミュニティを大切にする

週次メンタリングなど、担当講師と面談ができる機会が用意されている場合は、その機会を積極的に活用するのが良いでしょう。実務経験の豊富な講師と話すことで、現場で使える実践的なノウハウが学べたり、教科書には載っていないような業界知識が得られたりする場合があります。

また掲示板やオンラインオフ会など、受講生同士で交流できるコミュニティが用意されている場合も、それをフル活用するのがおすすめです。似たような境遇の受講生と関わることで、モチベーションを大きく高められる可能性があります。転職後にそうした人脈が役に立つ場合もあるでしょう。

就職先に関する希望条件をできるだけ詳しく伝える

キャリアサポートで企業を紹介してもらう際には、自らの希望条件をできるだけ正確かつ詳細に伝えることが重要です。年収や仕事内容、企業の形態、勤務地、福利厚生などの点で、自分が望んでいることを率直にすべて伝えましょう

ただし、希望条件をすべて満たした就職先が見つかるとは限らず、高望みをしすぎると候補が見つかりにくくなるという現実もあります。そのため、希望条件には優先順位をつけたり、絶対に譲れない条件とできれば叶えたい条件に分類したりして、ある程度は妥協することも必要です。

スクール経由でエンジニア転職を目指すメリット

「意味ない」「やめとけ」といわれることもありますが、IT未経験からエンジニア転職を目指すなら、プログラミングスクールは活用すべきです。プログラミングスクール経由で転職することによって、以下のようなメリットが得られます。

現場で通用するスキルを最短距離で学べる

優れたプログラミングスクールでは、現役エンジニアや元エンジニアの講師から、現場で活かせる実践的なスキルだけを過不足なく学ぶことができます。無駄のない学習環境が提供されるので、スピード転職を実現することも可能です。

例えば、CODE×CODEでは、業界最速水準といえる最短1ヶ月でのスピード転職が目指せます。できる早くITエンジニアになりたい方はぜひ無料オリエンテーションに参加してみてください。

独学よりも格段にモチベーションを保ちやすい

プログラミングスクールでは、効率性の点でも学習サポートが受けられるという点でも、独学に比べてはるかにモチベーションが保ちやすいといえます。スクールによっては、メンターやほかの受講生と交流できる機会もあり、独学よりも気楽に学習することが可能です。

独学でプログラミングを学び始めたものの、途中で挫折する人はかなり多いので、学力や才能に特別な自信があるのでない限りは、スクールを活用するのが最善でしょう。

<h3>優良企業に入りやすく年収アップや待遇改善も現実的</h3>

エンジニア転職に強いプログラミングスクールでは、充実したキャリアサポートを受けられるので、自立で転職活動をする場合と比べて、優良企業への内定率を高められる場合が多いです。転職によって年収アップやその他の待遇改善を実現することも十分に現実的であるため、より良い形でエンジニア転職を果たしたい方はぜひスクールを活用してください。

なお、スクールを経由せずに転職サイトに載っている「未経験歓迎」の求人に応募すると、データ入力などの単純作業ばかりやらされたり、労働環境が劣悪なブラック企業に入ってしまったりといった末路も考えられます。IT業界における未経験転職の闇の側面をわざわざ体験することはないので、スクールを活用し順当にホワイト企業へ入社することをおすすめします。

スクール選びと本人のやる気が重要【まずは無料体験を】

プログラミングスクールを「意味ない」と感じてしまうことを防ぐには、就職支援や学習サポートが手厚く、未経験からでも働きやすいインフラエンジニアを目指せる優良スクールを選ぶのがおすすめです。また講師に積極的に質問したり、事前にプログラミングを独学してから入校したり、本人の姿勢や努力も重要だといえます。

なお、イメージと現実が違って後悔してしまうこともあるので、気になるスクールを見つけたら、まずは無料体験を受けてみるのが良いでしょう。

この記事の著者

」カテゴリの記事

×