Kotlin入門講座~繰り返し処理~

例えば、1から3までの数値を出力するプログラムを書く場合、今までの知識では下記のように記述すると思います。 しかしこれが1000までとなった場合、println()を1000行書くのはとても大変ですよ

Kotlin入門講座~条件分岐~

プログラムは基本的に上から順番に実行されますが、制御構文を使うと、途中で処理を分岐させたり、処理を繰り返したりすることができます。 今回は、条件分岐の制御構文「if」「when」について学んでいきまし

Kotlin入門講座~配列~

今回は、データを纏めて扱うことができる「配列」について学んでいきましょう。 配列とは 今までデータを格納する時に使ってきた「変数」ですが、1つの変数に格納できるデータは1つだけでした。例えば、3人分の